第2回みんなの運用会議 議事録 (立ち上げ準備期間)

[要旨] 新メルマガ 「みんなの運用会議」です。
成長株で100倍になる銘柄を見つけます。
一緒に100倍銘柄を探す投資家仲間を募集中です。
個別銘柄の相談受付のHPを開設。ご利用ください。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
👤 プロフィール 山本 潤
NPO イノベーターズ・フォーラム理事。
メルマガ「億の近道」執筆17年間継続。
株式投資で勝率8割の外資系投資顧問の元日本株式ファンドマネジャー。
1997-2003年年金運用の時代は1000億円の運用でフランク・ラッセル社調べ上位1%の成績。
その後、2004年から2017年5月までの14年間、日本株ロング・ショート戦略ファンドマネジャー。
コロンビア大学大学院修了。飽きっぽいです。

(本文)

 

【自己資金の運用。壮大なる実験の前夜】

— 前回の内容 —
「自分のおカネを増やすべく、自己資金を10年で100倍にすることを計画と勝手なことを書いておりました。

— 今回の内容 —-

【勝率8割のカラクリとは?】

さて、わたしたちは、日本株運用で過去20年間勝率8割を誇ってきましたが、簡単なロジックがありました。
それは「二項定理」です。

二項定理とは、
(p+q)のn乗はC(n,t)(p^t)(q^(n-t))たちの足し算となること。(p+q=1)
C(n,t)はn人の中からt人のチームを選ぶ選び方、そう、高校数学で習う組み合わせの数です。
具体的にはC(n,t)=n!/(t!(n-t)!)となる数で、階乗n!はn!=nx(n-1)x(n-2)x…x3x2x1でした。

たとえば、(p+q)^2=p^2+2pq+q^2となりますね。

(p+q)^3=p^3+3p^2q + 3p q^2 + q^3
ですね。

いきなりで面食らってしまった方々も少なからずいらっしゃると思いますので、組み合わせ数について簡単な復習は以下のわたしたちのHPにPDFにしてありますので、時間のあるときに、ご参照ください。

https://double-growth.com/combination/

話がそれました。

それで、何を話してい他かというと、運用成績20年勝率8割といってもトリックがあったというわけです。つまり、わたしは同僚の勝率も高かったのです。

同僚の勝率は7割ありました。
それでわたしたち3人が3人とも負ける確率は0.3の3乗(=2.7%)しかありませんでした。
三人の同僚のうち二人が負ける確率は0.3の2乗と0.7(一人は勝つから)の3通り(=18.9%)です。

両方合わせて負ける確率が2割程度ですので、結果として、8割の負けない確率になったのです。

できる同僚と働くっていいですよね!!

【でも8割じゃ納得できない。勝率10割とは??】

 

勝率8割はまだまだ。
これじゃ納得していません。
なぜならば99.9999%の株式投資の勝率を目指すからです。

同様の計算をしてみましょう。
勝率6割の人材をあつめて、チームを組むとどうなるか。
なんと100人集めれば97%を超える確率で負けないことがわかります。
49勝以下の確率を足し上げればよいのです。

その上で、複数年の運用をする。
運用年数が一定を超えると99.9999%の確率で勝てる。
これは交通事故で明日死なない確率(99.996%)よりも高い。

【ある秘密の企て】

9月17日のセミナーに60人を超える方々の応募があり、ただいま、キャンセル待ちの状態です。
億ゼミとセミナー参加者と連携をしつつ、互いに情報を活用する組めるように様々な実験を進めていく予定です。
実験とは、セミナー参加者と現在の億近ゼミとの協業です。
(セミナーも億近ゼミも新規募集は停止しました。実験が終了するまで、情報をシャットダウンし閉鎖的環境で行います。)

実験の成果を測定し、次の段階に来年以降、ステップアップできれば仲間を徐々に増やしていきます。
まずは、10−20人ぐらいのマル秘プロジェクトを立ち上げたい。
「なにか変なことやってんぞー」程度で。
9月10日のPyconに出場するプログラミングチームと医者さんやエンジニアさんなどの専門家チームとアナリストの業績予想チームとの会議を
「みんなの運用会議」として月に1−2回開催します。
議論するのは株価が倍になる可能性だけ。

これは秘密でもなんでもないか!!

【連携不要な個人投資家たち。バカにされてしまったよーー】

 

個人投資家は連携する必要がなく、個人、個人で好き勝手に運用します。
わたしが先日、ある個人投資家とお話をしたときには、個人が連携?個人同士で情報交換?
なんでそんな必要があるの??と怪訝そうでした。
別にマーケットがいいしー、俺一人で気楽にやるから、個人同士でアドバイスなんてお互いにしないよというのです。

また、ある著名な個人投資家向け投資顧問の方から、
「連携??プゥー(苦笑させる)」
「あのね、山本さんは個人投資家の世界を全くわかっていないようですね。あなたは個人投資家向けのサービスでは素人だ」といわれてしまいました。

そうか!
いいこと聞いたよ!
わたしゃ、この世界(自己投資の世界)では素人なんだ。
連携したり、お互いに協力して勝率や運用成績を上げるなんてことは、非常識な考えなんだ!

そう思ったら、ぜひ、やってみようとワクワク。

個人投資家が情報を互いに供給したり、戦略を共同で議論したり運営したりというという努力をしないなんで、もったいないですよ。
投資クラブで勉強されている方々もいらっしゃいますね。先日、小屋さんのマネーライフプラニングで投資クラブのみなさまとディスカッションしたのですが、
やはり、勉強されているだけあって、セミプロのような方もいらっしゃる。このようなリテラシーのある方々と連携していきたいなと思った矢先のことでした。

https://mlplanning.co.jp/

個人投資家って負ける確率が何割かあっても、平気なの??
6割の勝率でも平気なの??

一般に勝率99%以上になればレバレッジが活用できます。
勝率を劇的に上げてレバレッジを上げて10年100倍を確実に達成していきたいですね。
勝率6割の方々100人集めちゃえば勝率99%でレバレッジ3倍かけても大丈夫というのが皮算用。
10年100倍です。
「個人投資家の勝率10割10年100倍を目指す会」でもつくって、100人限定の会員制のクラブでも運営してみようかしら??
それか、やはり自分で選ぶから勝率が高くなるだけで、みんなでやると、すごい人もいい加減になっちゃうんだろうか。

全くわからない。

ならば、実験をするしかないわけ。
とにかく走りながら考えようと。
まあ、遊びだから、楽しい仕掛けでも用意して、わいわいと楽しくやりましょう。

【10年100倍が達成できるの??】

10年100倍は連続複利で47%とかなり高いハードルとなります。できるはずがないとみんなはいいます。
特にわたしの妻は、「ふざけたことはやめてください。お父さん。地道に働いてください」と懇願してくるので参った。
真剣な遊び(=趣味)がわからないのですよ。まあ、それが当然なんですがね。

100倍はそんなに難しくないと考えています。
トリックの一つ目は、成長過程から成熟過程へと段階を踏むと、企業の配当性向は4倍程度にはなるからです。
だから、業績、純利益は10年で25倍程度とします。
10年25倍は高いハードルでしょうか?

まだ高いハードルです。もう少し低くなります。
企業の業績は固定費と限界利益で決まるから、一定の固定費と一定の限界利益率の仮定では、売上の増加は10年で5倍程度でよい場合がある。
10年5倍の売上は、年率16%程度(連続複利)でよろしい。

つまり、たとえば価格の上昇が見込まれる商品に投資すれば、数量増加は年率10%程度でよろしい、ということになる。

小型株には対象が多数ありそうですね。

限界利益率が高い企業で現在の固定費率が高い企業であれば数倍の増収が20−30倍の利益増となり、80−120倍の配当の増加となります。
100倍の配当増とは、現在0.5%の配当利回りの銘柄は、10年後には利回り50%。
(バリーエションの切り下がりを考えてのことですよ。)

そういうことを妻に話そうとするのですが、最初の1分で、こうです。

「確実ですか?」「リスクはゼロですか?」
「貯金はリスクゼロですよ。お父さん、そんなこといって、もし失敗したらどうするんですか?」
ということで、リスクはゼロじゃないので、ここで議論はおしまい。おつかれー。

自己資金の一部の限定されたものしか自己運用させてくれません。

挙げ句の果ては、「お父さん、そんなに株式投資が上手いなら、少ない元手で十分でしょ。ガンガン増やしなさいよ」ということになってしもうた。

話題を変えましょう。
投資手法や投資哲学などについては、
イノベーターズフォーラム産業調査部の小野アナリストが最近作成してくれたHPを参照ください。

https://double-growth.com

【個人投資家が取材できる時代】

個人投資家といえども、企業のIRは門戸を開いています。なるべく多くの質の高い取材をしましょう。

時間的に無理な方は、われわれが代わりに行います。
I.Forum産業調査部でアナリストが数名おります。
彼らが論点を絞って取材します。

できれば、工夫して、運用利回りを向上させましょう。
必要なのは投資家として企業からの一次情報にあたること。
つまり、調査は企業との対話が基本になります。

【個人はそれぞれに自分の得意な分野を持ち寄りましょう】

美容師の方は、シャンプーの成分などを徹底的に調べてもらいたいし、お客さんの評価も教えて欲しい。
小児科勤務の方は、病状や薬について調べて欲しいし、お医者さんが読んでいる論文などを紹介してもらいたい。

エンジニアの方や研究開発の方々は興味のある分野の特許を読んで教えて欲しい。
そして、個人投資家の方々に、それぞれ趣味や仕事があると思いますので、それらについて教えてもらいたい。

アイデア共有、取材、分析、業績予想などをクローズなフォーラムの中で実験的に行ってみましょう。

個人投資家の連携によって勝率90%以上のポートフォーリオは可能でしょうか?
可能になるまで繰り返し実験をしましょう。

【みんなの運用会議の配信】

メルマガ「みんなの運用会議」は基本、第一木曜日と第三木曜日に配信いたします。

みんなの知力・財力・体力を結集して、お金を増やしましょう。

それでは本日の運用会議の結論をまとめます。

〜みんなの運用会議〜(第2回)のまとめ
ファンドマネジャー自分のカネを増やそうと決意
ディープリサーチ、みんなでやった方が効率的
資産を成長株への厳選投資で10年で100倍にする
フォーラム みんなの運用会議はHPを開設。そこで相談コーナーを設けています
9月17日は読者に感謝。投資手法をお伝えするセミナーを読者限定で12年ぶりに開催します。(キャンセル待ち状態)
ありがとうございました。

【みんなの運用会議HPコンテンツの例】

以下、HPには様々なオリジナルコンテンツを掲載しています。
個別銘柄調査のアップ始めました。

【個別株のご相談】
イノベーターズ・フォーラムの産業調査部が個別株についての無料相談にお答えしています。
https://double-growth.com/forums/forum/stock-qa/

【銘柄研究所】
イノベーターズ・フォーラムの産業調査部が個別株についての銘柄研究レポートを発表しています。
https://double-growth.com/category/labo/

==== I.Forumが選んだ工夫すればお金をかけない勉強会や情報のご案内===

【億の近道ゼミは募集を停止しました】
人数が増えてしまったので会議室の手配が大変になったため、ゼミの募集は停止しました。
(今後、募集をする予定はありません。)

【社会人の学び直し講座 無料の大学数学のお勉強会の案内】
土曜日の午後3時から、水曜日の夜7時から大学数学のお勉強会を開催中です。
講師は数学博士たちです。丁寧にわかるように整数や有理数の本質を解説します。
純粋に数学が好きになれば、老後も安泰ですよ。
紙と鉛筆でお金かかりません。
土曜日午後は文京区、水曜日夜は内幸町あたりです。
ポスドク支援にご協力ください。
講義はPDFや動画になっております。
わかりやすい動画ですので、ぜひ、ご視聴ください。
改善点やご意見をお待ちしております。

動画はこちら。
https://double-growth.com/math_douga001/

ご意見は、こちら。

https://double-growth.com/forums/

【子育て教育リテラシー】
ライフワークとして、ポストドクター支援や子育て支援やタダ塾を応援しています。
高い目標と高い学力と高い生産性は人生をたくさん生きることになるので、それらに重きを置いています。

IForumでは、公教育だけで塾なしで難関国立大へ合格できる格安子育て、無料子育てを紹介しています。ボランティアでコラムを執筆しています。
お母さんたち、お父さんたち、子育てにお金はかかるのは事実かもしれません。
でもね、助け合いましょう。大変だけど。なるべくお金をかけない工夫をしましょう。
(その分、将来のための運用に回しましょう。)
詳しくは以下を参照ください。
一緒に、自分たちの地域の公教育を支えませんか?

子育ての相談などこちら。
https://double-growth.com/category/edu/

ご意見などこちら。
https://double-growth.com/forums/

最後まで読んでくださりありがとうございました。

それでは毎月第一木曜日と第三木曜日にお会いしましょう。

次回9月21日の「みんなの運用会議」は、「悪戦苦闘必至。PYCON SPRINTで億ゼミが株式アプリ開発に挑戦!!」です。

成長株を長期で自己保有

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA