Slow Investment

👤 山本 潤(やまもと じゅん)のプロフィール

株式投資で勝率8割の外資系投資顧問の元日本株式ファンドマネジャー。 1997-2003年年金運用の時代は1000億円の運用でフランク・ラッセル社調べ上位1%の成績を達成しました。 その後、2004年から2017年5月までの14年間、日本株ロング・ショート戦略ファンドマネジャー。 結局、過去20年間で負けた年は4年のみ。 1997年−2017年ライフタイムの日本株投資成績はロングのフル投資換算でTOPIXを400%を大きく上回る成績を残しました。 過去20年超の運用戦績は17勝4敗の勝率8割超。 また、コロンビア大学大学院修了。哲学・工学・理学の3つの修士号を持っています。

 

👤 矢野 ひかる(やの ひかる)のプロフィール

イギリスの独立系資産運用会社ニュースミス投資顧問、フランスの最大手資産運用会社アムンディアセットマネジメントにて、企業年金を預かる運用部門のアナリストとして従事してきた。小売サービス、食品トイレタリー、ネット、不動産、金融と内需系企業の分析を得意とし、銘柄選択でパフォーマンスを支えてきた。
格差社会が広がる昨今、機関投資家として莫大な資産の運用でさらなる格差を広げるよりも、経験を生かして、ダイレクトに資産形成が必要な個人投資家に向き合い、役に立ちたいと思うに至る。
早稲田大学法学部卒。社団法人日本証券アナリスト協会会員。

 

👤 小野 和彦(おの かずひこ)のプロフィール

日興証券(現SMBC日興証券)でシステム開発に従事。東洋証券でアナリスト→イギリスの独立系資産運用会社ニュースミス投資顧問にてアナリスト、トレーダーに従事。運用の世界で金融による社会貢献の可能性を模索してきたが、どうもこの世界には存在しないらしいと気づく。”個人が理想の社会を目指して投資することが理想社会を実現する”という基本理念に立ち返り、新たなスタートを切ることに。このウエブサイトはオープンソースのフリーツールを使って構築してみた。ウエブサイト構築を通して、改めてオープンでフェアな環境の強さと可能性を感じた。まだまだ改善途上。ウエブサイト構築、デザインのプロの方、ぜひアドバイスお待ちしております!

青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科MBA。

 

👤 古瀬 雄明 (ふるせ たかあき)のプロフィール

カリフォルニア州立大学経営大学院ファイナンス専攻MBA。
IR支援会社などで企業のIR活動のサポートに従事したが、技術者として金融に関わるべく、2014年にキャリアチェンジを思い立ち渡米。
ニューヨークのDevBootcampでプログラミングを学ぶ。Webエンジニア。
2017年に山本潤とPyconJPに参加。データ収集と分析を担当。現在、個人投資家が株式投資に活かせるデータ収集、分析のツールを日々開発中。また、個人投資家のスキルアップを手助けするため、Python入門講座を企画。講師としてカリキュラムの立案から運営まで行う。
参入障壁に守られた中小型の割安銘柄に注目している。

 

👤 相川 伸夫(あいかわ のぶお)のプロフィール

大手自動車会社で勤務しつつ、兼業投資家として『億の近道』にて、2016年末から個別企業に関しての取材記事を執筆。
大変優れた技術やスキームを持っているのに市場から注目されない企業があるのは、誰もライトを当てていないからだと考えている。
そこにライトを当てるべく2018年春に退職し、リンクスリサーチにて客員アナリストとしての活動を開始。
技術・塑性加工に関して元エンジニアとしての目利きを活かした投資手法により卓越したパフォーマンスを達成。学生時代、吹奏楽の全国大会では銀賞受賞、技能五輪全国大会では入賞実績有り。今こそ個人投資家の時代。企業分析をし、野心ある優良企業を応援しましょう!!

 

👤 安田 清十郎(やすだ せいじゅうろう)のプロフィール

早稲田大学社会科学部卒業。
新卒で大手銀行に入社後、ベンチャーキャピタル子会社に出向。
法律系士業事務所を約8年経営した後、専業投資家に転身。
専業投資家として投資を実践しつつ、慶應義塾大学経済学部を卒業。
かつてはインデックス投資、高配当株投資を主体としていたが、現在は成長株投資を主体としている。
これまでに蓄えたビジネスモデル、経営者、会計および企業法務に関する知見を総動員して、
安定的に年率20%程度の成長を継続する割安企業を発掘していく。

 

👤 黒木 智(くろき さとし)のプロフィール

事業会社での資金調達、格付機関対応、アニュアルレポート作成などの財務関連業務に従事。また、アメリカでのプロジェクトファイナンス業務の経験もある。
個人投資家として2004年から投資を開始、小売業、サービス業を中心とした日常生活に密接した業界を得意とする。有価証券報告書などの開示資料の読み込みとともに、経営者、IR担当との対話を繰り返すことで、その企業の強みは何か、ビジネスモデルの強みは何かを掘り下げて分析することに力を入れている。
2018年からリンクスリサーチの客員アナリストとして活動を開始。
趣味は将棋、アマチュア三段。投資にも「大局観」をもって投資に臨みたい。
社団法人日本証券アナリスト協会会員