第3回 東京キャッシュフロー勉強会 7199 プレミアグループ

東京キャッシュフロー勉強会

2018年10月28日(日)
”軟調な相場が続き、勉強会の参加ドタキャンが増えてきた”
という噂がチラホラ聞こえてくる中で、参加者が集まるか少し心配しておりましたが、
連絡なしで欠席がなく開催することができました。

五反田の貸し会議室で行われた勉強会

100名近い参加者がほとんど時間通りに集まっていただきました。
ありがとうございます!

東京キャッシュフロー勉強会は今回で3回目

進め方については毎回試行錯誤ですが、
企業をじっくり理解してもらう会にしたいとの考えから
・企業からの説明はあまり時間に縛られず、
・参加した投資家の方には思う存分質問してもらう
こととしています。

14時から16時くらいまでを
・会社からの説明
・質疑応答
・投資家とアナリストによる座談会
と1社についてたっぷり評価、分析します。

アナリストの見方、評価だけでなく、個人投資家の見方が加わると質問も変わって面白い。
聞いている参加者にとっては勉強になるとともに、理解が深まりますね。

今回は 7199 プレミアグループ

にお声がけさせていただきました。

参加者の方にはリンクスリサーチが作成したレポートだけでなく、予習用にプレミアグループさんからいただいた配布資料を事前にお送りしていました。
説明資料は以前の開示資料と比べてもさらにわかりやすくなってました。
理解してもらうための工夫、努力が感じられます。

予習をしてきていただき質疑応答の時間を増やしたいと考えていましたが、
初めて聞く方が多いだろうというご配慮により、じっくり丁寧にご説明いただきました。

ご登壇いただいたのは大貫取締役。
大貫様には今まで何度か取材させていただきましたが、
ユーモアもあり、頭の良い方で、
”お任せしたら、きっと盛り上がるだろう”
と予想していました。
予想通り、説明は非常に丁寧でわかりやすく、
また、質疑応答でも、冗談も交えつつ、ひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。

参加者からの質問も質の高い質問が多かった印象

ビジネスモデルの話や財務諸表の中身についての質問、新規事業、海外展開への質問など

かなり同社への理解が深まったのではないかと思います。
また、質疑を聞く他の参加者も聞いていて勉強になったのではないでしょうか。

〇座談会

質疑応答終了後、アイルさん、DAIBOCHOUさん、山本、小野の4人が登壇
大貫様はじめ、会社の方には横で見ていていただき、
プレミアグループさんについて”あーだ こーだ”と話す座談会・・・
のはずでしたが、登壇した私たちが気になっていることを無茶ぶりして質問したり、
半分以上、参加していただいていました。

とても楽しい座談会でした。

長時間にわたってご参加いただいたプレミアグループの皆様、ありがとうございました。
また、
直前のお願いにもかかわらず座談会登壇をご承諾いただいたDAIBOUCHOUさん
ありがとうございました。ほんと頼りになります。

〇懇親会

 終了後、近所で懇親会を開催。
参加者は40名くらいでしょうか。
厳しい相場にも負けずw、楽しく語り合いました。
投資の話を肴に飲むお酒はおいしいですねw
つい飲みすぎてしまいます。

〇終わりに・・・

今回もとても楽しく、有意義な会でした。
そういえば
決算発表前のサイレント期間の勉強会ということで
足元の数字の質問など出ないように気を付けないといけないなぁと考えていましたが、
そんな質問は一切出ませんでしたね。
より、本質的なことを知ろうという投資家の方が多かったのでしょう。

ありがとうございました。

次回の予定も決まっております!
また素敵な企業をご紹介しますよ!
お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA