9月8日(土) 第2回知財情報活用セミナー 開催報告

知財情報活用セミナー

9月8日(土)に第2回知財情報活用セミナーを開催しました。

その時の様子を簡単にご紹介させていただきます。

4月に行われた知財情報活用セミナーは
・特許とは
・調べ方やツールの使い方
・活用の仕方
の時間が多く、演習に多くの時間を使うことができませんでした。

今回は調べ方のところは少なめに
”特許を投資に生かす実践編”
の位置づけ
さらに具体的にテーマを決めて企画をスタートさせました。

今回のテーマは

”AI・ロボット”

そして同時に

”人にフォーカスする”
ということ。

その技術だけでなく、開発者にも焦点をあてる。

〇活動開始

6月下旬に関係者で集まった企画ミーティングの段階でかなり面白そうで盛り上がる

ある程度テーマに合わせて対象企業を絞ったところでそれぞれがスタt-ト
・メイン講師の楠浦氏は対象企業の特許調査
・村上氏は新たなプレゼン資料の準備
・相川氏はこれまで特許を投資に生かしてきたノウハウをまとめてどう伝えるか構想
・リンクスリサーチは取材の申し込み

リンクスリサーチの取材にあたっては、楠浦氏の視点も加わり、今までとは違った面白い取材ができた。
取材先の一部の企業では、知財関連の担当者にも取材の場に同席していただいての取材となった。

同じ会社でも違った切り口で見ると違った見えるから面白い。
取材して様々なお話を聞くと、聞けば聞くほどワクワクしてくる。

〇事前準備

 参加者の皆様には事前資料を送り、
予習をお願いし、当日のセミナーに備えていただく
大量の資料で、なかなか目を通すのも大変だったかもしれません。

当日の配布資料も
4人それぞれがオリジナルの充実した資料を準備しており
50名以上の大量の資料印刷は三日がかりでした。
(オフィスの小さなプリンターで印刷したからですがw9

〇当日

 秋葉原の貸会議室で開催
非常に天気が良い週末に、勉強熱心な50人以上の方に集まっていただきました。

トップバッターは
リンクスリサーチ 山本氏

山本 ”Blue Oceanの作り方”

テーマは
”Blue Oceanの作り方”
取材で得た情報と過去の経験をもとに独自の切り口で
今回のテーマ
”ロボット”
の分野で
”Blue Oceanの作り方”
を紹介

ご紹介したうちの1社 6652IDEC はこちらで紹介されている。
https://double-growth.com/idec_6652/

他では聞かれない面白い視点で”BlueOceanの作り方”をご紹介させていただいた。

持ち時間30分はあっという間に終了。

アンケートの感想
 ・”ブルーオーシャンの作り方の具体例と会社の実例があり分かりやすくて良かったと思います。
  知財コミュニティの創設楽しみにしています。”
 ・”とても分かりやすく概要とイメージが掴めました。事例の会社がとても良かったです。
  後日に立ち上げるコミュニティというのが大変興味あります。”
 ・”山本さんには、今のマーケットに感する意見をもう少しお聞きしたかったです。短かった。”
 ・”ロボットの値段はどんどん安くなっているが人件費は安くなってないというお話が印象的でした。”
 ・”企業訪問の結果をもう少し詳しく伺いたかったです。”
というような内容で
面白かった、もっと聞きたかった、という感想をいただきました。

次に

村上次郎氏 ”投資家のための特許明細書読解法”

特許先行技術調査の専門家
今回のテーマ”投資家のための特許明細書読解法”
1.特許とは
2.企業と投資家にとっての特許
3.特許を読もう
4.特許明細書の読解実習
といった内容。

初めて参加の方も多く、
”特許とは”から丁寧に説明していただき、
どのような技術が特許になるか、特許設立までのフロー
特許申請の実情など特許関連の現状について解説があった。

最後に特許明細書の読解実習まで行いました。

読解実習では、全員が集中して特許明細書の読み込みを行い、静まり返った
会場が印象的でした。

アンケートの感想
・特許も仕事の一環で使うので、とても参考になりました。
・特許の概要は大変に分かりやすく語り口も軽快で楽しく聞けました。
・前回は初めて聞く用語が多く、正直投資に活かすのは難しい印象でしたが、
 今回は具体的なお話や投資に活かせそうなキーワードもいくつかあり非常に参考になりました。
・前回参加者です。前回の被りも多いかなと覚悟していたのですが特許に対して理解が深まり、学びも多かったです。
など

相川氏 ”特許活用投資法”

テーマ”特許活用投資法”
現在リンクスリサーチの客員アナリストとして活動中だが
個人投資家の時に特許を活用した投資法を実践しており、具体的な事例を交えてご紹介。
セミナー講師は初めてでしたが、要所要所で笑いもとりつつ非常に盛り上がりました。
参加者の多くが投資家のため、皆さんにとって非常に興味のある内容だったようです。

アンケートの感想
・特許情報がトレードに生かせる実例を示していただきありがとうございました。また機会がありましたらお話を伺いたいです。
・投機と投資の違いがよくわかった
・大変興味のある話で引き込まれました。私のやっている事の大半が投機デアルことが分かりショックでしたが、
 投機を自覚できてよかったです。特許でストップ高になるものがあり、PERや業績が関係なく上がる背景もわかりました。
・特許を活用した投資の具体例も良かったです。
・投機と投資の考え方は面白かったです。投機に使える特許の目利きはすごいなと話しをもっと聞いてみらいとおもいました。
・今回登壇された講師の中では、プレゼンがダントツにわかりやすかったです。
 もう少し、投資戦略の面を3時間ほど、別の勉強会でぜひ伺いたいです。

最後にメインの楠浦氏

今回は”特許を調べる”
として、GooglePatentsを使った特許検索の方法を解説し、
特に今回のテーマ
”人にフォーカスする”
ということで、関係する開発者を調べる方法を解説

 5チーム程度に分かれて、担当する企業を調べる演習を開始。
調べながら、意見交換しつつ演習が進められました
演習後は、各チームから調査結果と企業や開発担当者にインタビューしたい内容などを発表してもらいました。

アンケートの感想
・GooglePatentの使い方を分かりやすく教えてくださり良かったです。演習の題材に挙げた会社も良かったです。大変参考になりました。
・特許の調べ方につき、重要なポイントを分かりやすく教えていただけたと思います。演習も適切な配分で、
 すぐ使えそうなスキルを頂ける研修でした。
・今回演習の時間が長く、チーム毎の発表とそれに対するコメントがあったのは非常に良かったです。
 特許と言っても業界や企業によって見えてくるものは当然違うので自分で調べてアウトプットする場があると理解度がかなり上がると感じました。

セミナー終了後の懇親会では30名以上が参加し、特許の話や投資の話で盛り上がりました。

現在参加者のコミュニティを作り、情報共有、リンクスリサーチの取材先について事前の情報収集、
取材後の情報共有の場として活用しています。

次回以降は小規模で継続する予定です。

ご興味のある方はぜひ引き続きご参加ください!

 

 

*おまけ 取材珍道中(小野)

 今回対象企業の取材ということで
9月3~4日、台風が近づく中で、姫路、京都、金沢と一気に回ってきたときのこと。

これまで、取材先で、天気による中止や、交通手段のトラブルなど
ほとんど経験がなかったため、
”まぁ、大丈夫だろう”
と何の心配もなく予定通り出発

節約のため、行き帰りとも、深夜高速バスを予約

行きはまだ余裕
台風?なにそれ?美味しいの?
って、感じでした。

一日目の取材先へ到着
取材はとても素晴らしいものでもう台風のことなど忘れそうでした。

二日目、まさに大型台風が近づいてくるところで、
電車は動かないかもと少し心配していたが、無事動き、
意気揚々とサンダーバード号に乗り込む

・・・・が! 信号トラブルで1時間以上停止
電車内で待つことに。

取材へは30分以上の遅刻・・・
大幅遅刻でも歓待していただきましたが
短縮バージョンの取材で、少し物足りない取材となってしまいました。

で、若干テンション下がり気味で昼過ぎに金沢に到着

あとは深夜バスの出発時間を待つのみ。

美味しいものでも食べようか
と歩き始めたら、

なんと! 駅近くのお店はほとんど
”台風が近づいているため13時で営業終了”

コンビニは開いているものの、それもなぁってことで
いろいろ聞いて、ホテルの地下で営業している居酒屋を見つけて突入
食事とノンアルビールで仕事しながら4時間以上

あとすこしで出発時間かなぁ・・・

と思っていたら、
一本のメールを受信

”運行休止のお知らせ”

なんと深夜バスが運行休止とな?!

ホンの1時間前に確認したばかりなのに・・・

で、新幹線も台風の為、運転休止、再開の時間は未定

今更ホテルも探せず

運行開始を待つ・・・

運行再開が決まったのが

20時30分

無事乗り込んだものの
東京までスピードを落としながらの運行ということで
東京駅到着が24時40分

はい、家まで帰れません。

ということで

JRが準備してくれた宿泊用新幹線で一泊
おにぎり2つとお茶をいただきました。
残念ながら美味しそうには思えず、空腹のまま寝ることに

で翌日始発で帰宅

取材旅行が無事終了(無事・・・だったんだよね)

こんな経験も”一度なら”あってもいいよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA