[Pythonによるデータ分析入門 Wes MacKinney著] の第1章 (出版 O’REILLY 2013)

NumpyとPandasを使うデータ処理。Pythonは簡単です。

コードを書いたものをpdf化しましたので、ご参考に。

詳しくは本書を参照ください。txt.fileなどは彼らのHPにあります。

この第1章だけで、いろんなことが可能になりました。

pythonによるデータ分析入門

可能になったこと

ロボットからのアクセスを防御している特許庁のJPlatpatの特許情報の整理整頓

1)上場企業の登録特許をIPCで分類することを効率よくpythonで行うことが可能です

2)そのIPCで逆引きすることで当該上場企業の権利の独占度合いをpythonで計量できます。

2017年8月 山本 忘備録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA