(ゲスト投稿)プラネット(2391) by みなとみらい (17年10月3日update版)

BtoBストック型プラットフォームビジネス

 

*この投稿はゲストメンバーによる投稿です。

 

株式会社プラネット(2391 ジャスダック)の紹介 

株式会社プラネット

設立:1985年8月1日

株式上場年月:2004年2月、時価総額:約140億円、

主幹事証券:三菱UFJモルガン・スタンレー証券(株)

従業員:39名

URL:http://www.planet-van.co.jp/

 

ビジネス内容:

プラネットは日用品、化粧品、ペット用品OTC薬品などの一般消費材流通業界を支えるプラットフォームビジネスを展開。

メーカーと卸売業間の受発注データEDIなどの通信情報サービスを展開する企業。

ライオン、インテック、ユニ・チャーム、資生堂などが出資し株主に名を連ねる。

競合メーカーが業務効率化のためにEDIシステムを共同利用するというユニークなビジネスモデルである。

 

IR情報は同社HPより抜粋。

強み1: 株主への利益還元

15 期連続増配 (2016年7月期)、2018年7月期の年間配当は40円を予定。(17期連続増配予定)

配当性向は、平均約50%以上(2009年以降)

https://www.planet-van.co.jp/ir/strongpoint_01.html

15年連続で増配

強み2:安定した成長性

売上は設立1985年から32年間で約40倍。

プラネットの事業はITによる社会インフラの提供。電気、ガス、水道と同様、社会に不可欠なサービスで、

成長率は低くとも売上が減ることがほとんどないビジネスモデル。

https://www.planet-van.co.jp/ir/strongpoint_02.html

着実に伸びる業績で長期投資に向いている

強み3:大手日用品メーカが株主

プラネットは1985年に日用品メーカー8社と通信会社のインテックが共同出資し設立。

 

財務データのURL

売上高経常利益率 は、約25(%)以上(5年間平均)

https://www.planet-van.co.jp/ir/zaimu.html

 

株価のURL

https://www.nikkei.com/nkd/company/?scode=2391

 

・成長の余地について

(ここから先は個人的見解です。みんなの運用会議のなかでみなさんと検証していきたい事項です。)

(1) インバウンド対応に向けて経産省が支援する「商品情報多言語化」に関し、商品情報データベースをプラネットが提供する。

将来の売上に貢献を予想。

参考URL

2016年7月15日開催「製・配・販連携協議会 総会/フォーラム」の発表資料

・商品情報多言語ワーキンググループの活動報告

http://www.dsri.jp/forum/pdf/forum2016_31.pdf

・商品情報多言語化のための基本的な考え

http://www.dsri.jp/forum/pdf/forum2016_32.pdf

 

(2) 中国越境EC流通プラットフォーム

数年後に花開くことを希望しています。

参考URL

https://www.planet-van.co.jp/pdf/news/sect_pamphlet.pdf

 

有望な関連会社Ture Data

 

株式会社プラネットの関係会社になる株式会社Ture Data(旧カスタマーコミュニケーション)の紹介です。

ID-POSデータを中核としたビッグデータ解析を生業とし、データの「見える化」を行っています。

内閣府へデータ提供しています。

HPからのコピペになりますが、よろしくお願いします。

以下は会社HPブログより抜粋:

(1)2017年9月26日(火)『NHK NEWS WEB』で紹介されましたTrue Dataブログ

『NHK NEWS WEB』で当社社長、米倉裕之のインタビュー記事が掲載されました。登録すると無料で購買データを見ることができる「ウレコン」や、内閣官
房まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する「地域経済分析システムRESAS」へのデータ提供、今後のサービス予定について紹介されています。当社は、企業規
模や地域に関わらず購買ビッグデータを活用できる環境を提供してまいります。

■『NHK NEWS WEB』 宝の山 無料開放で社会を変える

<http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0926.html?utm_int=tokushu-
new_contents_list-items_002
>
http://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0926.html?utm_int=tokushu-n
ew_contents_list-items_002

https://www.truedata.co.jp/blog/media/media20160926/

(2)2017.09.25 お知らせ

あらゆる企業が「見えない真実」を見えるように、True Dataの挑戦

ビッグデータ解析というと、大規模なシステムを構築し、分析の専門家を張り付けられる大企業だけのもの

ーーTrue Dataは、そんな先入観を打破し、誰でも手軽に使える形で、

データから見えてくる「真実」を提供しようとしています。

https://www.truedata.co.jp/blog/info/interview170925/

(3) 産業革新機構が出資

 カスタマーコミュニケーション 第三者割当て増資

産業革新機構
http://www.incj.co.jp/PDF/1418036770.01.pdf

http://www.dsri.jp/invres/system_standard/system_standard.html

・True Data 主要株主一覧(HPより抜粋)

株式会社プラネット (筆頭株主)
株式会社産業革新機構
第一生命保険株式会社
株式会社デジタルガレージ
株式会社博報堂
株式会社博報堂プロダクツ
株式会社ドコモ・インサイトマーケティング
株式会社タケオホールディングス
株式会社マクロミル
株式会社インテック
株式会社大木
加藤産業株式会社
三菱食品株式会社
株式会社ジャノメクレディア
三菱UFJニコス株式会社
旭食品株式会社
アルビス株式会社
カナカン株式会社
株式会社トーカン
国分首都圏株式会社
株式会社マルイチ産商
ヤマエ久野株式会社
TIS株式会社
大日本印刷株式会社
東芝テック株式会社
中央物産株式会社
株式会社ゼンリンジオインテリジェンス

by みなとみらい

横浜を代表して みなとみらい

***投資は自己責任でお願いします***

p.s. 質問等にお答えします。(みなとみらい)

(1)9月28日(金)に開催した株式会社プラネット 第32期【2017年7月期】の決算説明会資料を紹介します。
企業概要、ビジネスモデル、決算概要、経営戦略が紹介されています。
https://www.planet-van.co.jp/ir/pdf/h29jul_explanatorymeeting.pdf

(2)上場した理由については、「経営の透明性」とお答えしましたが、詳細が会社HPのよくある質問にありましたので記載します。
https://www.planet-van.co.jp/ir/faq.html#q7
Q: 株式を上場した理由を教えてください。 
A: 当社は日用品・化粧品業界の主要メーカー各社の出資により誕生し、EDIサービスの提供を通じて当業界全体の業務効率化の促進に努めてきました。その過程で、広く遍(あまね)く当社のサービスを広めるには、経営をガラス張りにし、あらゆる業界のお客様に対して中立・公平であることを証明する必要があると判断しました。そのため、株式を上場した次第です。 

(3) 関係者でない限りBtoB分野の流通情報システムビジネスは見えにくいビジネスの世界と感じまています。。
ご関心がある方は、以下の知識データベースを活用ください。(電子情報通信学会)
国内のスペシャリストの叡智が無料で閲覧できます。
お勧めは「11群6編 流通情報システム」
http://www.ieice-hbkb.org/portal/doc_506.html

ご質問がありましたら、遠慮無く質問ください。(みなとみらい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA